おつとめのけいこ

 子どもたちも夏休みに入って一週間が過ぎようとしています。お寺では19日~26日まで恒例の「おつとめのけいこ」を行いました。今年で42回目となります。一時期の足の踏み場がないほどの大人数の時代は過ぎて、今年は40名の参加となりました。こうして来てくれるのはありがたいことです。
 今年は3年生が主体で女の子が多く落ち着いた感じでできた気がします。男の子が多いとどうしても騒ぐので、こちらもついつい大声になってしまいます…。流れとしては正信偈の稽古、おやつの時間、紙芝居、正座の時間、くじ引きという例年通りの流れ。最終日には30分時間を早めて、みんなでご飯を食べるというのも例年通り。特にトラブルもなく無事に最終日まで行うことができました。
 でも、毎年のことながら始まる前は今年もこの季節か…と少し憂鬱にもなるのですが、終わるときに「もう明日からないの~?」「来年も絶対に来るからね!」と言われると終わるのが寂しくなります。また来年会いましょう!

この記事へのコメント

ヤクおじ
2019年07月26日 22:10
終わるときの子どもたちの言葉で、もうやめれませんね。本当にお疲れ様でした。お気楽さんが引退するときは、息子さんとバトンタッチするときですね。
お気楽
2019年07月27日 20:53
子どもたちの言葉ですべてが報われますね。
息子は息子の考えもあると思いますので強制はしませんが、続けてくれるといいですね。