お気楽極楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 報恩講

<<   作成日時 : 2016/12/18 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 別院の報恩講が今日、ご満座を迎えました。今年は晨朝全座と初日中、中逮夜、大逮夜と楽僧として出仕させてもらいました。組代表として出仕を予定していた中逮夜が急きょ楽僧としての出仕になったのですが、個人的には充実した報恩講を送らせてもらいました。
 ただ、晨朝は出仕者がほぼ固定化されていて、今年は3回も巡讃があたってしまいました。せっかく出仕するなら巡讃があたったほうが緊張感もあっていいと思うのですが、3回もあたったのは今年が初めてでした。
 出仕者もさびしかったですが、今年は寒さもあってか参詣者も寂しい気がしました。晨朝は本当に少ないし、16日の逮夜にご門徒さん方を連れて参拝に行ったのですが、そのときも「今年は少ないね〜」なんて声が出ていました。晨朝での3回の巡讃と、楽僧として2回の音頭を経験させてもらって非常に勉強になった報恩講ではありましたが、ちょっと心配にもなる報恩講でした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
出仕お疲れ様でした。
別院報恩講への教区寺院住職の関わる意識の希薄化、報恩講という仏事にお参りする門徒さんの変化など、参勤参拝者数にあらわれているのでしょうね。最近感じるのは、12月13日から18日という、時期の悪さを思います。年末の多忙、寒さなど、参拝意欲を失わせる要因になります。一般企業なら思い切って期日変更しているのではないでしょうか?
さて、リレー法話も最後までありがとうございました。私個人としては「五濁悪世の…」正像末和讃と御文第五帖第六通に読み込み?向き合い、充実した準備の時間をすごさせていただきました。その成果を法話に活かしきれず、皆さんにはご迷惑をお掛けしてしましました。時間を戻してもう一度やり直したい気持ちですが、後悔先に立たずですね。
ヤクおじ
2016/12/18 23:48
別院報恩講の時期も一考の余地はあると思うのですが、ほかに改善すべき点は多々あると思います。御遠忌で多額の懇志を集めてきれいにしたのはいいですが、本当に参詣者が気持ちよくお参りできる施設になっているかというと疑問が残ります(事務所のワンフロア化なんて御遠忌懇志でやるな!といいたい)。
あと、リレー法話はお疲れ様でした。30分という時間ではやっぱり厳しいですよね。でも、皆さんきちんと話をまとめられていてすごいな〜と思いました。
お気楽
2016/12/20 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
報恩講 お気楽極楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる